大阪・弁護士の離婚問題解決ナビ
HOME>離婚問題

ドメスティックバイオレンス

ドメスティックバイオレンス
目を閉じた女性のイメージ

ドメスティックバイオレンス(DV)とは、現在または元の夫婦・交際相手等から、様々な形で暴力を受けることをいいます。
このDVがあった場合に は、暴行・傷害で警察に告訴することもできますし、当事者が結婚している場合には裁判上の離婚原因になりえます。

さらに、平成13年から施行されている配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(通称DV防止法)により、被害者が更なる配偶者(内縁関係にある者や離婚した場合の相手も含まれます。)からの暴力により生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときは、裁判所は被害者の申立てにより保護命令を出すことができます。すなわち、当該配偶者に対し6か月間の被害者への接近禁止又は2週間の住居からの退去を命ずることができ、この命令に違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されることとなります。さらに、上記のような方法と並行して、シェルター(一時避難所)に避難して、配偶者から身を隠すこともできます。
このように、現在においては、DV被害者を保護する法的な制度や行政の体制が整備されつつあります。DV被害に悩んでおられる方は、一刻も早く、警察、都道府県の配偶者暴力支援センター、そして弁護士に相談されるべきでしょう。 DVについても、当事務所にご相談下さい。

  • 内縁解消
  • 親子をめぐる問題
  • 料金・報酬はこちら