大阪・弁護士の離婚問題解決ナビ
HOME>代表弁護士紹介

代表弁護士紹介

小原 望
代表弁護士:小原 望(Nozomu Ohara)

【職歴、協会等の団体における活動】

昭和44年4月 弁護士登録(大阪弁護士会)
昭和53年8月〜同54年9月 ニューヨーク州(ニューヨーク市)の法律事務所Whitman & Ransom及びカリフォルニア州(パロアルト市)の法律事務所 Fenwick, Stone, Davis & Westに勤務
昭和54年11月 弁理士登録(弁理士会)
平成元年4月〜同2年3月 大阪弁護士会外国法事務弁護士に関する委員会委員長
平成6年4月〜同7年3月 近畿弁護士連合会理事、大阪弁護士会常議員
平成6年4月〜同9年11月 日本弁護士連合会外国法事務弁護士に関する委員会副委員長
平成6年4月〜同10年3月 日本弁理士会GATS等検討委員会(もと外弁問題検討委員会)副委員長
平成9年12月〜同11年3月 国際仲裁研究会(法務省・日弁連共催)委員
平成9年12月〜同14年5月 日本弁護士連合会外国弁護士及び国際法律業務委員会委員長(現在は同委員会委員)
平成10年7月〜現在 日本弁護士連合会の国際活動に関する協議会委員
平成17年12月〜現在 社団法人日本仲裁人協会常務理事・関西支部長
平成18年9月 国際法曹協会(International Bar Association)PPID理事に選任(任期 平成19年1月〜平成22年12月)
現在 弁護士・弁理士(小原法律特許事務所所長)

【著書・論文】

弁護士等紹介